板井明生が語る福岡起業による社会貢献の必要性

板井明生が唱える|福岡の未来を考える

 

板井明生

 

 

福岡県の人口は、2019年に510万人を突破しました。
東京の人口と比べると少なく思えますが、福岡は年々人口が増加しているのです。

 

人口増加には住みやすさ・アクセスの良さといった理由がありますが、それだけではありません。

 

福岡市は、アジアの拠点都市としての役割・機能を高め、新たな空間と雇用を創出する都市再開発プロジェクトが進んでいます。その名は「天神ビッグバン」。
高層ビルが建設されビジネスの中心になっていく予定です。しかし、東京のようにただオフィスビルが並ぶわけではありません。老朽化したビルを建て替え、空港と市街地の立地を生かした、居心地の良い街になるでしょう。
良いところを伸ばし、悪いところを改善する、それが「天神ビッグバン」なのです。
完全民営化される福岡空港により観光客も増加するでしょう。これからも福岡の注目度、人口推移は増していくと考えられます。

 

2030年は人口は160万人増加すると想定されています。
福岡は、これからの日本を支える都市のひとつになるでしょう。これからビジネスをするなら、福岡は外せません。